のぼり旗を使った効果的な宣伝方法

より多くの入学希望者を呼び込むために

NOBORI少子化の現在では、大学も学生を集める為にどこも必死になっています。
そのため、オープンキャンパスというのは絶好の宣伝の機会なのですが、
それだけに少しでも多くの入学希望者を逃さないようにしっかりと宣伝をしたいものです。

機会損失を防ぐツール

大学というのは広い敷地を持つものだけに、一見わかりやすいように思えますが
土地勘のない人も訪れることがあるだけに、できるだけわかりやすいようにアピールする必要があります。

そこで、そのような時に非常に効果的なのがのぼりで、のぼりが大学の周辺にあるだけでも
ここでオープンキャンパスをやっているということをアピールすることができるため、
非常に役に立ってくれるアイテムなのです。

のぼりというのは普段余り意識しないものですが、何かを探している時というのは非常に目がつきやすく、
オープンキャンパスに訪れようとしている人にとってのぼりは非常に判りやすい目印になるのです。

そのため、近くまで訪れてくれた入学希望者を逃すことなく、大学案内をすることができるのです。

低価格で高品質なのぼりが作れる専門店

のぼり旗を入手する際には、高品質の物を低価格で手に入れることができたら
嬉しいものですが、そのためには業者選びが重要になってきます。

いくつかの業者をチェックして回り、より質の高い所を探すことが
大切になってくるわけですが、なかなか細かなことまでは
わからないということもあるでしょう。

しかし、中には無料で生地の見本を請求することが
できる業者がありますので、こういった便利で親切な
サービスを利用してみると、判断しやすくなって良いでしょう。

生地見本の請求

また、低価格ということにこだわるのであれば、
注文の仕方に気を付けておきたいところです。

のぼり旗というのは、注文する枚数によって、1枚あたりの価格と言うのが
変わってくるもので、枚数が多ければ多いほど割安になってきます。

また、出荷のタイミングを遅らせることで、価格を抑えることもできるものです。

急ぎで出荷するプランの場合には、料金が高くなってしまうものですが、
一週間や二週間後の出荷という、ゆっくりのタイミングであれば
かなり安くなるものです。

 

のぼり旗は比較的、製作期間が短く済み
急ぎの方にとっては便利ですが、これも祝日と重なっていたり
繁忙期にかかると通常よりも製作に時間がかかったりと
状況により変わる部分もありますので、製作を考えた場合は
できるだけ早めに業者に問い合わせて、どのくらいかかるのかを
確認しておく方がベストでしょう。

ホーム  利用者のニーズ  のぼり旗の印刷サービス   安上がりな方法   テンプレートを活用  キャッチコピー  効果的な宣伝・集客のためノボリ  のぼりポールを選ぶ  のぼり旗の使い方  イベントが盛り上げる布  呼びかけるのぼり旗  コロナ対策のぼり  設置に必要なツール  余裕を持って注文  チチの役割  のぼり旗専門店  安全対策になるのぼり旗  単価を意識して注文する  安全性を意識する  sitemap