のぼり旗を使った効果的な宣伝方法

のぼり旗は手作りもできる

NOBORI 日ごろからよく見かけるのぼり旗は、スーパーマーケットや飲食店などでは
販売促進や宣伝の手段としてよく利用されています。

宣伝の手段

手作りで作成するのは、自社で作成するのにはいろいろと手間がかかります。
そこで、のぼり旗を印刷業者に作成してもらう方法がよく利用されています。

目的に応じて様々なデザインのものが作れるので、安心して利用できます。

手作りで印刷してもらうには、自らデザインしたデータを送り、
作ってもらう方法があります。

印刷業者に依頼

注文方法は3つあり、利用者のニーズに合わせて選択することができます。

イラストレーターが使える人はそれを使用したデータを作成、
イラストレーターは持っていないけれどエクセルが使えるという人は
それで作成、データ作成が苦手な人は手書きでデザイン、といった方法があります。

これらのデータ入稿による手作りののぼり旗の印刷にかかる費用は、
のぼり旗のサイズなどで多少の違いはありますが、通常で大体1枚当たり1,380円からとなります。

のぼり旗の裏抜けについて

のぼり旗の制作については、現在ではインクジェットで印刷する方法と
シルクスクリーンで印刷を行う方法に分けることができます。
どちらも一般的には綺麗なのぼり旗を作ることができのですが、
通常のタイプであれば1枚の生地に対して表側に印刷を行う方法です。

したがって、裏側から見た場合では文字が逆に見えることになり、
いわゆる片面印刷を行う方法です。
このような場面では裏抜けという言葉を用いることになり、裏抜けが弱い
タイプの場合では、のぼり旗の裏面を見た場合では
文字が薄くて見えない状態になります。

逆に裏抜けが高い場合でははっきりとした文字を見ることができ、
見栄えを良好にすることができます。

のぼり旗の制作上としては、インクジェットの方法よりもシルクスクリーンの方が
状態が良いものを作ることができることが基本ですが、実際には印刷に使われている
インクの種類などによって違いが生じてしまう可能性があるので、気になる方は
事前に専門店に確認を取ることが良い方法です。


ホーム  利用者のニーズ  のぼり旗の印刷サービス   安上がりな方法   テンプレートを活用  キャッチコピー  効果的な宣伝・集客のためノボリ  のぼりポールを選ぶ  のぼり旗の使い方  イベントが盛り上げる布  呼びかけるのぼり旗  コロナ対策のぼり  設置に必要なツール  余裕を持って注文  チチの役割  のぼり旗専門店  安全対策になるのぼり旗  単価を意識して注文する  安全性を意識する  sitemap